最高のハワイリゾートウェディングをプロデュース

お問い合わせ・資料請求 サロン予約

トップページ > ウェディングアイテムについて > 男性ウェディングスタイルと小物の種類

男性ウェディングスタイルと小物の種類Men's Wedding Style & Accessory

男性ウェディングスタイルと小物の種類 イメージ

結婚式は花嫁さんが主役。
そんな風に思っている方が多くいらっしゃいますが、本来結婚式の主役は新郎新婦お二人になります。
新郎となる男性も積極的に結婚式に関わり、お二人で協力して一生に一度の輝く思い出を作りましょう。
今回は新郎のウェディングスタイルについてご紹介致します。

新郎の衣装の種類について

結婚式で新郎の着る衣装にはいくつか代表的なものがあります。

タキシード

誰にでも似合うと言われているタキシードは、どんな体型の方でも着こなしやすいため、様々な年代の新郎から人気の形です。ゼクシィが2009年に調査したところ、70%以上の新郎がタキシートを着用したという結果が出ています。
タキシードは格式の高い式でも、カジュアルなウェディングでも、またどんな時間帯でも着用出来るとても使い勝手の良い衣装になります。そのためフォーマルなデザインからややカジュアルなデザインまで、様々なバリエーションがそろっています。またショート丈からロング丈まであり、最近はロング丈のものが人気です。

フロックコート

中世ヨーロッパより伝わる伝統的で格調高い正礼装のため、厳かな式におすすめの品格ある衣装です。
広い披露宴会場や格式高い教会、重厚感のあるチャペルでは、新婦の衣装はボリュームのあるものが選ばれます。

フロックコートはジャケットの丈が膝まであるデザインになっており、独特のシルエットが作られます。そのためボリュームのあるドレスと並んでも見劣りしません。
丈の短いショートフロックコートも人気があります。丈を短くすることでより足が長く見え、洗練されたスタイルが演出出来ます。

モーニングコート

厳かな教会式によく映えるモーニングコートは、中にベストを着用することが特徴的な日中の正礼装になります。夜の正礼装はタキシードとされていますが、モーニングコートは朝から夕方までの時間帯の着用が正式です。
ウェスト前面から背面に対して斜めに流れるようにカットされたデザインのジャケットは、どのような体型の方が着用されてもスタイリッシュに見えるよう作られています。
足を長くスマートに見せる人気のクラシカルタイプの衣装です。

セレモニースーツ

カジュアルなレストランウェディングや二次会におすすめのファッショナブルなスーツです。
光沢のある素材を使ったセレモニースーツを着用すると、豪華で特別な雰囲気を演出することが出来ます。ベストやチーフなどの小物を上手に活かせばカジュアルにも着こなすことが可能です。
普段から着用しているスーツと形が似ていますので、違和感なく着こなすことが出来るのも特徴です。

紋付袴

神前式の場合には紋付袴を着用します。当日のウェディングの雰囲気にあわず断念する方も多い衣装ですが、スタジオで記念に撮影しておくのと良い思い出になります。年賀状で結婚の報告をするのが昨今の主流になりつつありますが、その時に和装の写真を載せると新年らしさも出ておすすめです。
最も格調高い正礼装は5つ紋の黒紋服です。

【まとめ】 最近の流行として、パンツを細身のものにすることで全体的にすっきりとした装いにしています。また、コンケーブショルダーを上手に取り入れウェストをシェイプし、華やかでメリハリのあるシルエットを作ります。

新郎の婚礼衣装の小物について

婚礼衣装の小物選びはセンスが現れる大切なポイントです。お二人が並んだときのバランスやトータルコーディネートを考えて小物をセレクトしましょう。

ブートニア

新郎の左胸に飾る花をブートニアと言います。男性が女性に求婚するときに贈る花束から、結婚を承諾した女性がその証として花束から一輪抜き贈り返したことが由来となっています。 そのため、新婦の持つブーケと同じ花を使ってブートニアを作ります。

タイ

タイは基本的に衣装に合わせて付属して販売・レンタルされています。もしも付属のものがなければお店の方に相談するようにしましょう。ご自身の気に入った色やデザインのものを着用してもかまいませんが、新婦のウェディングドレスの色や素材に合わせたものを選ぶと全体にまとまりが出ます。

手袋

新郎の衣装に手袋が使われますが、式の際に手袋は着用しません。入場などの際に手で持つアイテムとなります。

アスコットタイ

フロックコートやモーニングコートに使う、幅が広いタイになります。色やデザインが充実しており、お洒落な印象のタイになります。

ボウタイ

正装用の蝶ネクタイのことをボウタイと呼びます。タキシードには黒を合わせるのが主流になっています。

クロスタイ

カジュアルなパーティーにおすすめなタイがクロスタイになります。レストランウェディングやガーデンパーティーに着用下さい。

チーフ

タキシードに付属していることの多いチーフは、ジャケットの胸ポケットに挿す飾り用小物です。正装で一番格上のチーフの色は白。次にシルバーとされます。お色直しで新婦がカラードレスを着る場合はドレスの色に合わせると統一感が出てお洒落になります。

カフスボタン

シャツの袖を止めるのに使用する小物です。モーニングコートの場合は白蝶貝など、黒のタキシードには黒いオニキスや黒蝶貝のものをおすすめします。
台座の部分はシルバーやグレーが合わせやすくおすすめです。

アームバンド

シャツの袖の長さを調節します。シャツの袖が自分の腕の長さに合っていれば、そろえなくても問題ありません。

サスペンダー

パンツを吊り上げることでパンツのずり落ちを防ぎ、きれいなシルエットを作ります。足が長く見える効果がありますので、絶対必要な小物と言うわけではありませんが、使用することをおすすめ致します。

挙式が昼の場合はストレートチップかプレーントゥ、夜の場合はエナメル素材のオペラパンプスまたはストレートチップが正式です。
衣装に合わせた色を選ばないと衣装と靴がチグハクになってしまいますので、色を合わせて選ぶようにして下さい。

page top