最高のハワイリゾートウェディングをプロデュース

お問い合わせ・資料請求 サロン予約

トップページ > ウェディングアイテムについて > 家族・参列者の必要アイテム

家族・参列者の必要アイテムMust-have

家族・参列者の必要アイテム イメージ

ハワイウェディングの主役は新郎新婦のお二人。しかしお二人にとって招待する家族、友人知人は大切な存在です。日本人にも馴染みのあるハワイですが、日本の結婚披露宴とは異なるしきたりやマナーがあります。
招待する側、招待される側もハワイウェディングの知識を身につけて、一緒に楽しいひと時を過ごしたいものです。
今回は招待される側であるご家族や参列者の必要アイテムについて確認していきましょう。

参列者の服装について

参列者の服装について

日本では結婚式に参列する服装というとフォーマルが基本ですが、ハワイではフォーマルな服装をするのは新郎新婦のお二人だけです。ハワイでは新郎新婦以外はカジュアルな服装でも大丈夫です。
ハワイウェディングでは参列者の服装はアロハシャツやムームードレス(ハワイアンドレス)が一般的です。日本人からするとあまりにもカジュアルで驚く方も多いですが、ハワイではアロハシャツとムームードレスが正装なのです。そのため、ハワイでは結婚式の参列にはアロハシャツとムームードレスが多くみられるのです。

日本からの参列者はハワイに到着してからアロハシャツやムームードレスを購入する方が多いですが、アクセサリーなども含めてレンタルで調達することも出来ますので、インターネットなどで事前にレンタル予約をしておくのも良いでしょう。現地で購入やレンタルが不安という方は日本で通販などを利用して購入しておくのがおすすめです。また、参列者が少ない場合は新郎新婦が参列者のアロハシャツとドレスをお揃いで用意しておくということもあります。

両家のご両親の服装について

基本的に参列者はハワイの正装であるアロハシャツ、ムームードレスで参列するのが一般的です。もちろん、バージンロードを歩く新婦のお父様もアロハシャツで問題ありません。しかし、ご両親に限ってはウェディングでは日本の正装で参列し、その後のウェディングパーティーでハワイの正装であるアロハシャツとムームードレスに着替えるという方も多くみられます。
ウェディングでは全員で記念写真も撮ることから、両家のご両親の服装がバラバラですとバランスが崩れてしまうため、事前によく話し合ってなるべく両家で統一しておくことをおすすめします。

男性の服装とアイテム

男性の服装とアイテム

アロハシャツに長いズボン

ハワイウェディングではアロハシャツとベージュや白のコットンのスラックスに革靴が一般的です。ハワイだからといって、短パンは避けてください。
日本ではアロハシャツはちょっと派手なイメージがあるため、ちょっと抵抗があってなんだか恥ずかしい・・・と思う男性も多いはず。しかしせっかくのハワイアンウェディングですから、現地の方になりきってアロハシャツで参列してみましょう。ハワイ到着からウェディングまでに時間のある方は現地で購入するのがおすすめです。最近ではほとんどの日本人男性がアロハシャツでウェディングに参列しています。
アロハシャツには色と柄の種類が豊富ですので、抵抗のある方は控えめな色や柄を選んでみてはいかがでしょう。
それでもやはりアロハシャツには抵抗がある・・・という男性はもちろんスーツでも大丈夫ですし、カジュアルなシャツにスラックスと革靴でも問題ありません。ただしスーツ着用の場合、黒は避けて下さい。実際にはスーツといってもジャケットは着用しないのがハワイでは一般的です。

革靴が基本

革靴が一般的です。海に対応している革のデッキシューズなどもおすすめです。アメリカでは海釣りなど海が好きな男性はデッキシューズを愛用しています。ただし、砂浜を歩くからといってサンダルやスニーカーは避けてください。

女性の服装とアイテム

女性の服装とアイテム

ムームーやハワイアンドレス

女性の参列者は、ムームードレスやハワイアンドレスが一般的です。
リゾートウェディングということで、日本ではなかなか着ることのない鮮やかな色の花柄がプリントされた生地が人気です。ハワイウェディングでは青い海と空を背景に写真を撮ることが多いので、色鮮やかなドレスを選ぶとよく映えます。
ただし、日本と同様に新婦よりも目立つ服装は厳禁です。
ムームーやハワイアンドレスは日本で購入することも出来ますが、ハワイに到着してから現地で友達や家族と一緒にドレスを選ぶのも楽しい思い出のひとつになります。
友達同士でお揃いのドレスで統一するのもおすすめです。また、ドレスに似合うアクセサリーや髪飾りも忘れずに準備しておきましょう。

ミュール・パンプス

女性の場合はミュールやサンダルでも大丈夫です。ヒールに高さのある靴がおすすめですが、記念撮影では芝生の上や砂浜を歩くことがあるので、あまりヒールが細くなく歩きやすいものを選びましょう。
また、靴に限っては現地で調達するよりも日本から履きなれたものを持って行くのがよいでしょう。

小ぶりなもの

バッグは小ぶりなものがおすすめです。
小さなかごのバッグやクラッチバッグなどが華やかでウェディングにぴったりです。

子どもの服装

子どもの服装

大人と同様にアロハシャツとハワイアンドレスを着ることが多いです。ご家族で同じ生地のシャツやドレスで揃えるのもおすすめです。
可愛いハイビスカスの髪飾りやレイなどをつけてハワイならではのおしゃれをしてみてはいかがでしょう。

page top